男性

投資で人気の賃貸経営|収益物件の選び方を知る

二つの利回り

部屋

利益に対する考え方

賃貸経営をするための収益物件を手に入れるときに重要になる指標として知られているのが利回りです。単純利回りと呼ばれる最も簡単に計算できる指標から理解するのが簡単であり、収益物件が満室になったときに想定される年間の家賃収入を収益物件の売買価格で割ったものになります。通常は百分率にして示される値になり、一年間で投資額の何%に相当する収入が得られるかを示す指標です。これが高いほど賃貸経営をして収入が高くなると期待できますが、単純利回りを見るときには気をつけなければならない点があります。賃貸経営をする上では経費が必ずかかりますが、その点を一切考慮していない指標になっているからです。また、空室が生じるリスクや修繕の必要性を考慮した積み立てなども除外されている指標になっている点には注意しましょう。賃貸経営における支出や収入減も考慮した指標として用いられるのが実質利回りあるいは想定利回りと呼ばれるものです。これは想定される家賃収入から管理費用や税金などの経費を差し引いた金額を売買価格で割ったものになります。実質利回りは現金収入ではなく、実際に得られる利益の指標になるのが特徴であり、収益物件を購入して何%を一年間で取り戻せるかを推定することができるでしょう。安い物件で家賃も悪くはないけれど修繕費がかかって空室率も高くなりやすい場合には単純利回りは高くなっても実質利回りは低くなり、実際には収益性があまり高くないとわかります。

おすすめリンク

  • 賃貸経営まるわかりガイド

    より効率よく収入が得られる賃貸経営の方法を知るなら、ココがオススメです!ここではいろいろな方法を分かりやすく解説してます。

アパート経営をするなら

空き部屋

居住している物件以外の不動産を持っている方は相続税対策として、サブリースを行うのがおすすめです。これは一括借り上げ制度とも呼ばれており、管理会社に物件を貸すことで家賃収入が得られるようになります。また契約を結ぶ前に、条件について詳しく精査しておきましょう。

不動産ビジネスにおける

模型とお金

海外からの観光客も多い大阪では、様々な投資チャンスが生まれています。賃貸マンションやアパートなどの収益物件の人気は、大阪でもとても高いです。新しい需要が発生する地域にある収益物件に対する需要はとても高いです。

不労所得を得るための方法

マンション

マンション経営は株や債券、FXなどマーケットの波に翻弄されることなく、比較的安定収入が期待できる投資です。特にリタイヤ後の安定収入を得たい方やサラリーマンや自営業者の副収入を狙いたい方で中長期の投資スタンスをお持ちの方には向いています。